アトピーの特徴

アトピー性皮膚炎アトピー性皮膚炎で悩んでいる人は、意外と多いものです。友人、知人の中には必ず一人はアトピー性皮膚炎の人がいるはずでしょう。このアトピー性皮膚炎の原因ですが、はっきりとしたことは分かっていません。ただ、皮膚が乾燥状態になり、バリア機能が低くなったときにアレルギーの素である、ダニやほこりやあるいは食べ物が侵入して起こると考えられます。また、ストレスによっても発症することもあります

こうしたアトピー性皮膚炎ですが、程度や症状には個人差がありますが、一つの特徴としては症状がよくなったり悪くなったりを繰り返します。また、家族の誰かがアトピー性皮膚炎であれば、体質として同じようにアトピー性皮膚炎になりやすいとも言えるのです。他にも、免疫物質である「IqE抗体」を分泌しやすい体質でもアトピー性皮膚炎になりやすくなります。

症状としては皮膚のかゆみの他に、アトピー性皮膚炎独特の湿疹があります。この湿疹は赤みを帯びたものや、じくじくのもの、盛り上がりがあったり、しこりのようなものだったりと、様々な症状が知られています。できやすい部分は顔や耳、首元、脇や肘、ひざなどで、人目に付きやすい部分が多いのも大きな悩みの種になっています。このようにアトピー性皮膚炎は、本人にとってはとても辛い症状で、かゆみと羞恥に耐えながら暮らしていかなくてはならないのです。