アトピーと肌の保湿

アトピー性皮膚炎で悩んでいる人は、かなり多く、身近にも数人はいるはずでしょう。このアトピー性皮膚炎は、皮膚に湿疹などができ、主にかゆみの症状がでるというものです。湿疹が出やすい箇所としては、顔や首すじ、ひざや肘などで、つまり外気と人目に触れる部分がほとんどとなります。アトピー性皮膚炎になると、人前に出るのも嫌になるのは、やはり目立つ部分にその症状がでることが大きな原因と言えるでしょう。

原因さて、このアトピー性皮膚炎の原因ですが、人それぞれではっきりとしたことは分かっていません。ただ、乾燥肌が症状を引き起こすことになることだけは、共通して言えることなのです。肌には、元々バリア機能があり、これにより外部からの雑菌やウイルスなどから皮膚や身体を保護しています。しかし、アトピー性皮膚炎の場合は、このバリア機能が低下しているため、外部からの刺激に対して敏感に反応してしまうわけです。この症状としてかゆみがあり、そこを掻きむしることで、またバリア機能が低下してしまい、そして症状が悪化するという悪循環に陥るのです。

アトピー性皮膚炎の症状を改善するには、バリア機能を正常に戻すことが必要で、そのためには保湿が重要なポイントとなってきます。保湿は、皮膚の表面の保護と、水分保持というこの2点となり、そのためにはグリセリンやヒアルロン酸、セラミドといった成分の力を借りることになります。このサイトは、こうしたアトピーケアと肌の保湿について説明します。