アトピーの改善策

アトピー性皮膚炎になる原因は、人それぞれですが、それでも共通して言えることは、乾燥肌が症状を引き起こすということです。つまり、アトピー性皮膚炎に関してはまず、保湿ということが、症状の予防や緩和に繋がるのです。

元々、皮膚はセラミドを主成分とした細胞間脂質や、NMFと呼ばれる天然保湿因子が潤いやバリア機能の働きをなしていて、アトピー性皮膚炎の場合はこれらの成分が少なくなっているのが特徴です。そのため外部からの刺激に弱く、これがかゆみや湿疹となって表れてくるのです。

保湿このように、アトピー性皮膚炎は乾燥肌が大きく関わっていますので、症状を改善するには当然、保湿ということが大きなポイントとなってきます。この保湿ですが、皮膚表面を保護することと、皮膚の水分をしっかりと保持することというこの2点に気を付ける必要があります。皮膚表面の保護については、保湿剤の使用が効果的ですが、タイプとしては皮膚の表面を覆い、外部からの刺激を防ぎ、なお且つ水分の蒸発を防ぐものがいいでしょう。そして皮膚の水分を保つためには、グリセリンなど外気の水分を吸着する成分、またヒアルロン酸など水分を抱え込む性質のある成分が有効とされます。このように、アトピー性皮膚炎は乾燥肌が原因で、症状を改善するには、肌の保湿が欠かせないのです。

関連HP / 【公式】アトピーの娘を持つ母親が原料開発!保湿ケア化粧品【みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)~アトケアタイプ~】