アトピーの改善策

アトピー性皮膚炎になる原因は、人それぞれですが、それでも共通して言えることは、乾燥肌が症状を引き起こすということです。つまり、アトピー性皮膚炎に関してはまず、保湿ということが、症状の予防や緩和に繋がるのです。

元々、皮膚はセラミドを主成分とした細胞間脂質や、NMFと呼ばれる天然保湿因子が潤いやバリア機能の働きをなしていて、アトピー性皮膚炎の場合はこれらの成分が少なくなっているのが特徴です。そのため外部からの刺激に弱く、これがかゆみや湿疹となって表れてくるのです。

保湿このように、アトピー性皮膚炎は乾燥肌が大きく関わっていますので、症状を改善するには当然、保湿ということが大きなポイントとなってきます。この保湿ですが、皮膚表面を保護することと、皮膚の水分をしっかりと保持することというこの2点に気を付ける必要があります。皮膚表面の保護については、保湿剤の使用が効果的ですが、タイプとしては皮膚の表面を覆い、外部からの刺激を防ぎ、なお且つ水分の蒸発を防ぐものがいいでしょう。そして皮膚の水分を保つためには、グリセリンなど外気の水分を吸着する成分、またヒアルロン酸など水分を抱え込む性質のある成分が有効とされます。このように、アトピー性皮膚炎は乾燥肌が原因で、症状を改善するには、肌の保湿が欠かせないのです。

関連HP / 【公式】アトピーの娘を持つ母親が原料開発!保湿ケア化粧品【みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)~アトケアタイプ~】

アトピーの仕組み

アトピー性皮膚炎が起こる仕組みですが、皮膚には元々刺激や雑菌、ウイルスなどの外敵から身体を守るためのバリア機能を持っています。皮膚は表皮、真皮、皮下組織の層となっていますが、そのバリア機能を持つのは表皮にある角層です。アトピー性皮膚炎になりやすい人は、この角層のバリア機能が低下するため、外から様々な要因が侵入してくるわけなのです

スキンケア人間の身体は、外敵が侵入してきたときに、それを追い出そうとする働きを持っています。この免疫反応は細菌やウイルスから身体を守るための重要なものですが、この免疫反応が過剰になり、外敵ではないものに対しても働くようになることで、アトピー性皮膚炎が発症するのです。また、バリア機能が低下しているところへ、かゆいからといって掻きむしってしまうため、バリア機能が破壊され、さらにかゆくなっていくという悪循環もアトピー性皮膚炎の特徴と言えます。

日常生活の中には、アトピー性皮膚炎を引き起こしかねない原因があちこちにあります。花粉やカビ、ダニやほこりなどのハウスダストや化粧品、または紫外線や汗、汚れなどがそうです。こうした原因は、ある程度は防げますが、完全に防ぐことはできません。つまり、アトピー性皮膚炎は、スキンケアにより、その症状をコントロールすることで対処していくことになるのです。

アトピーの特徴

アトピー性皮膚炎アトピー性皮膚炎で悩んでいる人は、意外と多いものです。友人、知人の中には必ず一人はアトピー性皮膚炎の人がいるはずでしょう。このアトピー性皮膚炎の原因ですが、はっきりとしたことは分かっていません。ただ、皮膚が乾燥状態になり、バリア機能が低くなったときにアレルギーの素である、ダニやほこりやあるいは食べ物が侵入して起こると考えられます。また、ストレスによっても発症することもあります

こうしたアトピー性皮膚炎ですが、程度や症状には個人差がありますが、一つの特徴としては症状がよくなったり悪くなったりを繰り返します。また、家族の誰かがアトピー性皮膚炎であれば、体質として同じようにアトピー性皮膚炎になりやすいとも言えるのです。他にも、免疫物質である「IqE抗体」を分泌しやすい体質でもアトピー性皮膚炎になりやすくなります。

症状としては皮膚のかゆみの他に、アトピー性皮膚炎独特の湿疹があります。この湿疹は赤みを帯びたものや、じくじくのもの、盛り上がりがあったり、しこりのようなものだったりと、様々な症状が知られています。できやすい部分は顔や耳、首元、脇や肘、ひざなどで、人目に付きやすい部分が多いのも大きな悩みの種になっています。このようにアトピー性皮膚炎は、本人にとってはとても辛い症状で、かゆみと羞恥に耐えながら暮らしていかなくてはならないのです。

アトピーと肌の保湿

アトピー性皮膚炎で悩んでいる人は、かなり多く、身近にも数人はいるはずでしょう。このアトピー性皮膚炎は、皮膚に湿疹などができ、主にかゆみの症状がでるというものです。湿疹が出やすい箇所としては、顔や首すじ、ひざや肘などで、つまり外気と人目に触れる部分がほとんどとなります。アトピー性皮膚炎になると、人前に出るのも嫌になるのは、やはり目立つ部分にその症状がでることが大きな原因と言えるでしょう。

原因さて、このアトピー性皮膚炎の原因ですが、人それぞれではっきりとしたことは分かっていません。ただ、乾燥肌が症状を引き起こすことになることだけは、共通して言えることなのです。肌には、元々バリア機能があり、これにより外部からの雑菌やウイルスなどから皮膚や身体を保護しています。しかし、アトピー性皮膚炎の場合は、このバリア機能が低下しているため、外部からの刺激に対して敏感に反応してしまうわけです。この症状としてかゆみがあり、そこを掻きむしることで、またバリア機能が低下してしまい、そして症状が悪化するという悪循環に陥るのです。

アトピー性皮膚炎の症状を改善するには、バリア機能を正常に戻すことが必要で、そのためには保湿が重要なポイントとなってきます。保湿は、皮膚の表面の保護と、水分保持というこの2点となり、そのためにはグリセリンやヒアルロン酸、セラミドといった成分の力を借りることになります。このサイトは、こうしたアトピーケアと肌の保湿について説明します。